よくある青汁で葉酸を必要量摂る事ができるのか

妊活中や妊娠中の女性が摂りたい栄養素として、真っ先に思いつくのが葉酸です。
妊娠初期なら1日400ugの葉酸が必要と言われています。
毎日の食事から補うのはなかなか難しいため、葉酸のサプリメントを活用している人も多いと思います。
しかし最近、健康食品の代名詞とも言える青汁にも、葉酸が含まれているとして妊娠中の女性に人気が出ているようです。
では、実際には青汁で1日に必要な量の葉酸を摂る事が出来るのでしょうか?
多くの青汁には、製品に含まれる具体的な葉酸の量が記載されていません。
また、量が分かっている物でも1日に必要な400ug以下の物がほとんどなので、青汁だけで1日分の葉酸を摂る事は難しいと言えます。
青汁には、ビタミン類やカルシウム、食物繊維などの葉酸以外にも多くの栄養素が含まれているため、青汁を飲みすぎると他の成分の過剰摂取にも繋がるのでおすすめ出来ません。
更に葉酸は熱や水に弱いので、青汁の製造過程で葉酸の量もかなり減っている可能性があります。
それでも、青汁には妊婦さんに必要なビタミン類やカルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。
葉酸だけを補うのは難しいので、葉酸を意識した食生活と一緒に青汁を取り入れたり、サプリメントと併用するなどして工夫して飲むと良いでしょう。